WE'LL

Make a better life for you

「殺された過去生」 ~怒り手放しシリーズ1~(Clair)


 

殺された過去生
~怒り手放しシリーズ1~

 

明け方の夢で

「イグナス!!」と
憎しみをこめて
友達のことを呼んでいました。

 

友達は、
日本人で日本の名前の方ですが、

なぜか、イグナス!!になってました(笑)

 

たぶん過去生のことだと思います。

過去生で、憎しんでいた時のことだと思います。

 

そして
他の日の明け方の夢は

かつての職場の人に
嫌なことをされたシーンが出てきて
とても怒っていました。

 

その他、明け方
怒っている夢ばかり見るようになりました。

 

普段、怒りは感じないのに

夢で怒りを感じています。

日常では怒りが出てこなくても
潜在意識では怒っているんですね。

 

・・・・・

 

シータヒーリングの勉強会のペアワークで

私が潜在的に怒りを感じていることを相談しました。

 

掘り下げていくと

 

見つかった思考パターンは、

「私は正しい。正しくないと殺される。」
「非を認めると負ける。」
「許すことは、自分の非を認めること。」

というのが入っていました。

 

この思考は
現世で身に付いたものではないので

リーディングしていただくと

「過去生で殺されています。」

とのこと。

 

リーディングしていただいた方に
詳しくは聞かなかったのですが

 

私の見たところ

ローマ・ギリシャ時代あたり
地中海沿いのどこかの国
私は男性

でした。

 

かのジュリアス・シーザーも殺されています。

 

反対勢力が大きくなると
殺されてしまう時代です。

 

私も
「非を認めると負ける。」
「許すと負けを認めることになる。」

とか思っていたんですね。

 

そして、殺されてしまいましたし。
正当性をいつも保ってないと
殺されてしまう時代だったんでしょうね。

なので、

「私は正しい。正しくないと殺される。」

と思っていました。

 

・・・・・

 

さてさて、

今は、平成の日本です。

上記のような思考パターンが
必要な訳がありません。

 

「許すと負けを認めることになる。」

と思い続けて
怒りをためて

毎晩夢で怒り続けるのも
もう嫌だなあと思いました。

 

・・・・・

 

そして、

 

「この思考パターンを引き抜いて良いですか?」

と聞かれて

私は「無理です。手放せません。」

と思いました。

 

頭では手放したら良いと思っていますが

心は手放せません。

 

とにかく、私は
怒り続けていたいのです。

怒りを手放すことができないのです。

 

そして、怒りを手放せない理由を
探して

リーディングしてもらいましたら
なんと・・・。

 

次のブログへ続きます。

 

・・・・・

WE’LL Facebook  ページにいいね! をしていただくと
WE’LLイベント情報がFBのニュースフェードに届きます。
fb-b

Clairプロフィール&セッションのお申し込みはこちら
clair-p

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 WE'LL

テーマの著者 Anders Norén