WE'LL

Make a better life for you

他人との比較をやめると、自分の中の才能に気がつく(Clair)


 

「他人との比較をやめると、 自分の中の才能に気がつく。」

 

どちらの考え方をしますか?

 

☆良いものは自分の外側にある

☆良いものは自分の内側にある

 

多くの方が前者の
「良いものは自分の外側にある」

と無意識に考えているような気がします。

 

自分の外側には

自分よりお金を持ってる人
自分より美しい人
自分より幸せな人

がいます。

 

それを見て
自分は上手くいってない
自分はダメかもしれない

という気になってきます。

 

そして、
あんな人になりたい!と思い 様々な努力を始めます。

 

もちろん
この生き方も、良いと思います。

他人と比較することで
自己研鑽し、高めていくことは
良いことだと思います。

 

しかし、度が過ぎると厄介です。

自分でない何かになろうとして
もがき続けることで
どんどん苦しくなっていきます。

 

他人と比較し続けると
必ず自分よりできる人が存在して

 

いつまでたっても

「これでよい」にたどり着けず

「まだまだだ!」が続き

安心の境地にはたどり着けません。

 

これで満足という終わりがないので

一瞬の満足は手に入れても

すぐに次の物を手にいれなければという気持ちにかられます。

 

常に焦りがあり
本当の自分でない感じ。

 

こんな人生は疲れませんか?

 

・・・・・

 

もし外側のないものでなく

内側のあるものに目を向けたら?

もし本当のありのままの自分に目を向けたら?

 

すると

~しなくては
~にならなくては

という義務感、強迫観念がなくなり

自分の中の素晴らしいものに気がつき始めます。

 

外側でなく内側にあるものに
目を向けていくと

比較では見つからない
本当の気持ちに気がつきます。

 

本当のやりたいことがわかってきます。

自分の本当の才能に気がつきます。

魂の願望が見えてきます。

 

・・・・・

 

私のセッションでは、

例えば
「昇進したいのに、できなくてつらい。」

というお悩みの方がいらっしゃるとします。

 

お話をお聞きして
掘り下げていきますと

 

「昇進しなくてはならない」

と思っているのは 自分でなくて

クライアント様のお父様だった!

とわかることもあります。

 

子供の頃、お父様に

「会社で他の社員より優秀で、偉くなる人が立派な人だ!」

などと聞かされて育つと

 

ご本人の魂はそう思ってなくても

お父様の価値観を取り入れて

 

「昇進しなければならない」

と思い込んでしまうことがあります。

 

私のセッションでは、

魂の願いとは別の 成長過程で身に付いた

「昇進しなければならない。」
「他人より抜きん出てないといけない。」

という思考をパターンを外します。

~しなければならない。

という思考をパターンを外し

本当の自分で生きられるようにします。

 

でも、案外

本当の自分で生きたら

才能が発揮されて
昇進してしまったりするんですよね。

 

・・・・・
WE’LL Facebook  ページにいいね! をしていただくとWE’LLイベント情報がFB上で届きます。
fb-b

leaves-1051937_640

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 WE'LL

テーマの著者 Anders Norén